上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.08.31 anabasis
8/26(火)沼袋SANCTUARY、8/27(水)名古屋Piacereには平日にも関わらず沢山の方々にお越し頂き、ありがとうございました。
第二期融解建築としてはじめて東京まで遠征しましたが、なかなか波瀾万丈の行程でした…。
とりあえず環八に対する恐怖心がむくむくと成長しました。

さて、今回は新曲"Morpho theseus"がお披露目となりました。この曲に寄せて少し述べたいと思います。

タイトルに含まれる「theseus(テセウス)」を引っ張ってくる契機となったのは「テセウスの船」への連想でした。
「テセウスの船」とは、プルータルコスによる伝記(Plut. Thesei, 23.1.)に記された挿話で、テセウスの帰還後も保存されたガレー船は朽ちた木材が少しずつ交換されていったが、果たして補修され保存された「その船」はテセウスが乗って生還したところの「その船」と同一のものであるか、しばしば哲学的議論の的となった、というものです。

偶然この"Ship of Theseus"なるフレーズが意識に上ったのはDoug Dorst x J.J. Abrams による『S.』が目に入ったからでした。これは"V. M. Straka"という架空の作家が著したという設定の、まさに"Ship of Theseus"と題される書物が、図書館の蔵書という設定で蔵書票や借りた人物らの書き込みとともに生々しくパッケージングされているという、奇妙な作品。メタフィクションの好きな人なら垂涎ものの凝りようで、原理的に翻訳や電子化が限りなく不可能に近い挑戦的なものです。そもそもこの作品について説明することがまずもって難しい。

ちなみにこんな感じです。



第二期を迎えた融解建築の現状がまだまだ形の定まりきらない変化のただ中にあり、「これがそれである」と明言してしまえるようなものでないとすれば、それこそこの変化を象徴するような「テセウスの船」と関連づけたタイトルを第二期融解建築初の作品に付けられたら面白いと思い、提案した結果、(中略)ということで"Morpho theseus"となりました。
※(中略)の部分には、この曲名の本来の由来である"butterfly effect"の如きプロセスを各自想像して補完して頂きたく。

変化と前進を模索する融解建築がこの先どちらへ向かうのか、本人たちにもはっきりとはわかりませんが、今後も丹念に一曲一曲仕上げていく基本方針は変えずに進んでゆく所存です。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。
2014.06.12 はじめまして
こんばんは、新フルートの楽です。
5/20のBlueEyes、6/8のzoot horn rollo、お越しくださった方本当にありがとうございます。

簡単に自己紹介を…
まず、身長。よく聞かれるのですが、187cmです。2mもありません。
フルートの他にアルトフルートやオカリナも持ってます。
そういやこの前生まれて初めてピアノのレッスンを一度受けてきました。(今までめちゃくちゃ弾いてた)
ぺんてるの文房具が面白くて好きです、いま筆箱に入ってないけれど。
…自己紹介ってなんか恥ずかしいですね、うう、、

何はともあれ、第二期融解建築のフロントとして、みなさまにお楽しみいただけるよう、更なる音楽の追求を怠らぬよう努めて参りますので、どうかよろしくお願いいたします。


先日の浜松遠征の際、少し早く到着したためメンバー一同で楽器博物館に見学へ行って来ました。
いや、もう、ほんとに信じられないくらいたくさんの古今東西の楽器達が並んでるんですよ!
フルートだけでもバロック時代のものから、今主につかわれているフルートの原型となったベーム式と呼ばれるものまで、ずらーっと。
面白かったのが「ハープギター」という楽器で、ほんとにあのギターにハープがくっついたような形をしてるんですよ。
調べたところ、いわゆるギターのネックは通常の6弦が張ってあり、(奏者からみて)ネックの手前側にもう一つネックのようなものが伸びていて、そこにはさらに低い音のでる弦が張ってあり、それらを駆使することでより幅広い表現が可能になるとか…
なんとも説明がムズカシイので是非一度調べていただきたいです。
このほかにも数えられない種類の楽器が展示されており、いくつか演奏できるものもあって、とても1時間ほどで見て回れるものではありませんでした…。
時々イベントも開催されているみたいで、また一日かけてゆっくり見学したいです。もっかい浜松行きたい!(チラッ)


もう一つ、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『そして父になる』という映画をDVDを借りてきて観ました。
分かりやすくも考えさせられるテーマで、「もし自分だったら…」と考えても答えが見つかりません。あの結末は正解だったのだろうか…。
で、グレン・グールド演奏のゴルトベルク変奏曲のAriaが劇伴音楽として使用されていたのですが、静かな映画だったこともあり「あの声」がはっきりとスピーカーから聞こえるではありませんか!
僕はグールドもゴルドベルクも大好きなので嬉しかったのですが、いやこれ、知らない人が聞いたら恐くないんですかね。映画館だと余計に。

にしても、2本の腕から伸びている10本の指(ホラーっぽい)がそれぞれ生命力をもって鍵盤の上を動き、一つの音楽を奏でる…素敵ですね。
第二期融解建築も多次元なメンバーが一体となり多次元な音楽を表現していきます。
どうかどうかよろしくお願いいたします!

2014.05.12 ねんねこ
 どうも、ハサンです。
 融解建築ホームページをリニューアルして僕の名前に「hassan」が表記されなくなったので一応言っておくと、「高橋さん」→「タカハッさん」でハッサンないしハサンです。というわけで、僕は高橋です。

 では本題。
 『揺籃のうた』という有名な子守歌がありますよね。「ゆーりかごーのーうーーたをーー カーナリアーがーうーたうよーー ねーーんねーこーねーーんねーこーねーーんねーこーよーーー」ってやつです。北原白秋作詞、草川信作曲です。
 さて、先日の連休に実家に帰省してる折に、甥っ子が遊びに来たんですね。1歳10ヶ月で、トコトコ歩いて片言喋り、可愛い盛りです。で、まあまだ2歳にもなってないので、ちょいちょい何かにぶつかったり転んだりするんですよ。そうすると面白いことに、べそをかきながら自ら『揺籃のうた』を(片言で)歌って己をなだめるという行動に出ます。多分赤ん坊の頃から(まあまだ赤ん坊ですが)ぐずる度に母親に『揺籃のうた』であやされてきたんでしょうが、これには皆(勿論彼以外)毎回笑ってしまいました。
 しかしまあ考えてみると、なかなか優れたセルフコントロール術を早くも身に付けているもんだと思います。自分がリラックス出来る状況を思い浮かべて条件付けしておき、緊張やパニックに陥った時にその条件反射を呼び起こして心を鎮める。これは、かなり効果的なメンタルトレーニング法ですからね。とはいえ、盛大に泣き喚くことも多いですが。
 それにしても、童謡ってのはよく出来てますよ。子供でも歌いやすく、すぐに覚えられるほどキャッチーで、しかし飽きずに歌える。シンプルさと奥深さを併せ持つ、というのは凄いことです。融解建築もそういう曲を作ってみたいですが、なかなか…。すぐ色々盛り込もうとしてしまいますからね。悟りの境地は遠いですわ。
 流れ上、『揺籃のうた』の歌詞を紹介しておきます。御存じの方も多いでしょうが。

揺籃のうた
一、
揺籃のうたを カナリヤが歌うよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ
二、
揺籃のうえに 枇杷の実が揺れるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ
三、
揺籃のつなを 木ねずみが揺するよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ
四、
揺籃のゆめに 黄色い月がかかるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

情景が浮かぶ素敵な詞ですね。

 まあ、悟りへの道程はまだまだですが、融解建築も少しずつ歩を進めております。御期待ください。
 では。
 ハサンです。
 年度も改まり、今月も割といろいろなことがあったんですが、特に23の水曜日と27の日曜日のことを、そこはかとなく書き連ねてみます。

 23日は、京都の(お馴染み)RAGに、Christian Wallumrod Ensembleを観に行ってきました。
「ノルウェーの伝統とバロック的クラシック様式の魅力的な関わり合いを現代的及び千年単位の方法により掘り下げている」(AllAboutJazz)
「ノルウェーのフォークと教会音楽にインスパイアされ、古楽とジョン・ケージ後のアヴァンギャルドに影響を受けながら、ジャズの自由な思考により解放された多次元室内楽」(ECM)
なんて売り文句を見ると、これはもう行かざるを得ないわけですが、いやあ行って良かった、本当に素晴らしかったです。
 今回は完全アコースティック・コンサート・ツアーということで、マイクやアンプを一切使わないどころか、(開演前のBGMを流していた)メインアンプや厨房の製氷機の電源まで切る徹底ぶり。また、アンサンブルをセクステットからクインテットに変えて初のライブだそうで、彼ら自身も大いに張り切っていたらしく(演奏された曲の多くは京都が世界初演とのこと)、最初から最後まで緊張の糸が張り詰めた素晴らしいステージでした。
 編成は、リーダーでコンポーザーであるクリスチャンのピアノとハーモニウムを中心に、トランペット、テナーサックス、チェロ、ドラム(をメインとした打楽器)です。しかし皆、『演奏』というよりは、楽器を使って『音を出す』といった趣。ピアノの内部奏法やドラマーが弓で弾くノコギリなんて序の口で、管楽器二人などは、楽音を吹くときもとても繊細な演奏をする『上手な』人達なんですが、タンギングや息のみでも驚くような音(パッと聞くと何が出しているのか判らないくらい)を出していました。で、何せ完全アコースティックですから、それらの音という音が空間の中で鮮明に混じり合うわけです。僕は普段から楽曲を分析的に聴いてしまう(悪い)癖があるのですが、楽曲ではなくこんなに『音』自体にのめり込んだのは久しぶりでした。
 それにしても、客が少なかった…。スタッフや前座のバンドを除くと、正味の客は十人足らず。先月に同じノルウェーの In The Countryが来た時(前記事参照)もたった8人でしたが、何とかならないんですかね。両者とも宣伝如何によってはもっとずっと入ったはずだと思うんだけどな。単純に勿体無いですし、これだけ客入りが悪いと次回以降京都に来てくれなくなる恐れもあります。ただ、今回のようなライブだと、人数が少ないことによって、ミュージシャンも観客も非常に高いレベルで集中していて、無茶苦茶濃密な空気を共有出来たというメリットはありましたが。いや、でも、ねえ?
 で、終演後に興奮醒めやらぬまま、最新作の『Outstairs』を購入しました。こちらもとても優れたアルバムなんですが、やはりレコードとして収録されたものをスピーカーから聞くのでは、あの生音の質感は味わえませんね。実際、演奏も楽曲本位な綺麗なもの(良くも悪くも)になっているので、全く別の音楽として捉えるべきかもしれません。次のライブがあれば、また是非行きたいなあ。

 さて、27日はというと、まずは京都市動物園に行きました。僕は子供の頃からここが好きで、今でもちょいちょい足を運ぶのですが、まさにこの日に新しいゴリラ舎がオープンということで、早速チェックしに行ったのです。
 いやあ、予想を上回る立派な施設でした。とにかく広い、高い! そして、熱帯雨林に生息するニシローランドゴリラの生態や行動になるべく沿うよう、縦横に柱や梁やロープが巡らされています。そこを遊び盛りの子ゴリラのゲンタロウがちょろちょろしたり、母親のゲンキや父親のモモタロウがおもむろにのし歩いたりしているので、子供から大人まで大喜び。ゴリラは飽きませんよねえ。
 いつまでもゴリラを見ていたい気持ちもありましたが、一応今回も園内は隈無く一巡りしました。残念だったのは、大好きだったジャガーのグランデが、先月死んでしまったこと。ニュースでは知っていましたが、もうあの美しい姿が見られないと思うと寂しい…。国内最高齢の25歳(人間なら100歳を超える長寿)だったので、大往生なんでしょうけどね。

 動物園を出て府立図書館で一休みした後は、京都国立近代美術館で開催中のチェコの映画ポスター展に。こちらも予想を遥かに上回る凄さで、感動しました。
 僕は映画が好きで、特に昔の映画が好きなので、観た映画のものもたくさんあったのですが、どれもこれも「この映画をこんな表現で描くのか!」という衝撃と、豊潤なイメージに溢れていて、圧倒されます。カタログも購入したので、これからも折に触れ眺めるつもりですよ。
 旧共産圏は、いろいろ厳しい面も多かったとは思いますが、映画、音楽、演劇など、文化面は非常に恵まれていたのも事実だと聞きます。当たり前のようにこういう斬新で芸術的なポスターを見て、映画に観劇にオペラにバレエにコンサートに、誰もが毎日のように通えた(かなり安かったそうで)というのは、ちょっと羨ましくもありますね。

 まあ、この二日のことだけだらだら書きましたが、前述のとおり他にもいろいろあったわけで、その中には融解建築絡みのことも勿論含まれているわけです。来月からいよいよ新生融解建築が本格始動しますので、どうぞ御期待ください!
 ハサンです。

 先日3/20、RAGに In The Countryというノルウェーのピアノトリオのライブを観に行ってきました。これが無茶苦茶良かったのですが、観客がたったの8人…。MCで「次は友達連れて来てな」と言ってましたが、この客入りでは果たして次も京都に来てくれるか甚だ怪しい。いや、次のチャンスがあるなら是が非でも来てほしいですし、友達も連れて行きますが。
 まあ、RAGの普段の客層はもうちょっと年齢層の高いジャズ/フュージョン好きの方々ですので、In The Countryのような(一応ジャズの文脈ではありますが)多分にポストロック的な音楽性のバンドだと、思いの外に食い違ってしまったようですね。逆に、そういうのを好きな層(京都には間違い無くたくさんいます)にしっかり宣伝が届いていれば、それこそ満席になるくらい人は来たはずだと思うんですが。重ねて言いますが、パフォーマンス自体は無茶苦茶良かっただけに、本当に勿体無い。
 彼らの音楽は、アルバムで聴くと、ゆったり静謐な感じがずっと続く(それが悪いわけどはない)のですが、ライブだと、激しく熱く盛り上がるところあり、フリーインプロビゼーションあり、想像を遥かに超えて懐の深いバンドでした。また、音響的にも見所がいっぱいで、各人(特にピアニスト)が要塞のようにエフェクターやシンセサイザーやPC等に囲まれ、演奏しながら次々に音を変化させていくので、機材マニアも満足ではないでしょうか(僕は全くマニアではありませんが楽しく見てました)。勿論、それらの良さは、楽曲が独創的で素晴らしく、それを表現するに足る演奏力も備えているという、当たり前の前提があって成り立っているのですが。
 最新アルバム『Sunset Sunrise』の曲をメインでやっていまして、派手ではないけどついつい繰り返し聴いてしまう佳作です。とはいえ、やはりライブのほうが圧倒的に良かったですけどね。次は一緒に行きましょう!(友達作り)
 しかしまあ、来日ミュージシャンのライブとなると、最近頓に東京のみの公演が増えてい(る気がしてい)て、観たい人もなかなか関西に来てくれなくなりました。In The Countryのように折角京都に来てくれてもこのざま(因みに東京は三日間もありましたからね)では、ますます東京一極集中の流れが加速してしまいます。何とかもっと地方も盛り上がっていってほしいものです。

 そんな中、京都のバンド融解建築は、京都でレコーディングを行い、五月には発表出来るかと思います。新しいメンバーで初の音源ですね。また、去る一月に京都で行われたワンマンライブ:第三回多次元演奏会の模様をノーカットで収録したDVDも、同時期に発売予定です。
 これらを引っ提げて、五月以降はまたどんどんライブ(京都でも京都以外でも)をしていきたいと思っておりますので、どうぞ御期待ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。