FC2ブログ
2010.11.15 Good Night
 ポーランド関連の記事が続いてますな(と言いつつポーの一族は関係無いですが)。

 何という偶然か、20世紀ポーランドを代表する作曲家、ヘンリク・グレツキ氏の訃報が…。
 「holy minimalism」とも称される中期以降の彼の音楽(勿論初期の前衛バリバリの作品も素晴らしいんですが)は、ややもすれば一般人の感覚と乖離しがちな『現代音楽』でありながらも非常に多くの支持者を得たわけですが、決して単に平易に安んじ大衆に阿るものではなく、聴衆に沈思黙考を促す勝れて重厚かつ内観的な音楽であったと思います。世界の音楽界を牽引し、現代の潮流を生み出したとすら言える偉大な音楽家、不肖この僕にとっても最も影響を受けた作曲家の一人であるだけに、残念でなりません。
 昨日変な時間に寝てしまい、この時間に目が冴えてネットをうろついているところに触れた訃報でしたが、もう朝まで寝ずに“Kleines Requiem Fur Eine Polka”を聴き続けようと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuukaikenchiku.blog117.fc2.com/tb.php/79-b3003737