上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハサンです。

 先日3/20、RAGに In The Countryというノルウェーのピアノトリオのライブを観に行ってきました。これが無茶苦茶良かったのですが、観客がたったの8人…。MCで「次は友達連れて来てな」と言ってましたが、この客入りでは果たして次も京都に来てくれるか甚だ怪しい。いや、次のチャンスがあるなら是が非でも来てほしいですし、友達も連れて行きますが。
 まあ、RAGの普段の客層はもうちょっと年齢層の高いジャズ/フュージョン好きの方々ですので、In The Countryのような(一応ジャズの文脈ではありますが)多分にポストロック的な音楽性のバンドだと、思いの外に食い違ってしまったようですね。逆に、そういうのを好きな層(京都には間違い無くたくさんいます)にしっかり宣伝が届いていれば、それこそ満席になるくらい人は来たはずだと思うんですが。重ねて言いますが、パフォーマンス自体は無茶苦茶良かっただけに、本当に勿体無い。
 彼らの音楽は、アルバムで聴くと、ゆったり静謐な感じがずっと続く(それが悪いわけどはない)のですが、ライブだと、激しく熱く盛り上がるところあり、フリーインプロビゼーションあり、想像を遥かに超えて懐の深いバンドでした。また、音響的にも見所がいっぱいで、各人(特にピアニスト)が要塞のようにエフェクターやシンセサイザーやPC等に囲まれ、演奏しながら次々に音を変化させていくので、機材マニアも満足ではないでしょうか(僕は全くマニアではありませんが楽しく見てました)。勿論、それらの良さは、楽曲が独創的で素晴らしく、それを表現するに足る演奏力も備えているという、当たり前の前提があって成り立っているのですが。
 最新アルバム『Sunset Sunrise』の曲をメインでやっていまして、派手ではないけどついつい繰り返し聴いてしまう佳作です。とはいえ、やはりライブのほうが圧倒的に良かったですけどね。次は一緒に行きましょう!(友達作り)
 しかしまあ、来日ミュージシャンのライブとなると、最近頓に東京のみの公演が増えてい(る気がしてい)て、観たい人もなかなか関西に来てくれなくなりました。In The Countryのように折角京都に来てくれてもこのざま(因みに東京は三日間もありましたからね)では、ますます東京一極集中の流れが加速してしまいます。何とかもっと地方も盛り上がっていってほしいものです。

 そんな中、京都のバンド融解建築は、京都でレコーディングを行い、五月には発表出来るかと思います。新しいメンバーで初の音源ですね。また、去る一月に京都で行われたワンマンライブ:第三回多次元演奏会の模様をノーカットで収録したDVDも、同時期に発売予定です。
 これらを引っ提げて、五月以降はまたどんどんライブ(京都でも京都以外でも)をしていきたいと思っておりますので、どうぞ御期待ください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuukaikenchiku.blog117.fc2.com/tb.php/311-3436e819
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。