上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.12 湿気の影響
神田です。


そろそろ梅雨時で雨降ったり湿気がちな時期ですねー。
楽器を運ぶのにも楽器自体にも良くない状況の季節です。。


さて今日はギター、ベースに対する湿気の影響のお話を。

例外はありますが大抵ギターやベースは木で出来ています。
なので湿度により水分を含んだり乾いたりするわけですが主にどんな事になるのか?

ネック(左手で触ってる棒の部分)が湿気を含むと逆反り(裏面側に反る)、乾くと順反り(表面側に反る)します。

なのでこの時期は逆反りしやすい訳です。冬場なんかは順反りしやすいですね。

冬場の乾燥よりも梅雨時の湿気の方がこまめにメンテナンスを強いられ大変面倒な時期ですね。。


さあ!今からリハなので逆反ったネックを調整してスタジオ行ってきます!!w

ではまた!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuukaikenchiku.blog117.fc2.com/tb.php/229-451e5ad0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。