上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.01 近況
定期的なレコーディングで心身ともに自らを痛めつけるライフハックは中々堪えますね。
結果に表れているといいのですが。

はい。

以下、最近のおすすめだよ。


虫けら様虫けら様
(2002/05)
秋山 亜由子

商品詳細を見る


ガロは人材豊富ですねえ。
よみはじめは杉浦日向子の亜流かなあと失礼なこと考えてましたけどなかなかどうして独自の世界を展開しています。
と、とにかく、かわいい!
小さきものの世界にこまやか(細やか/濃まやか)な愛情が注がれ、繊細微妙の伽藍を形成しています。
おすすめです。



マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)
(1997/05/20)
山之内 靖

商品詳細を見る



このブログの読者層がまったく読めないので、どういったものを紹介するか、もはやランダムの領域に入っています。
こちら、ヴェーバー入門。
社会学の泰斗マックス・ヴェーバーの著書はその筋の学生にとって「必読書」と長年言われているが、余りに晦渋な文体に死屍累々、僕も早々に退散した軟弱者の一人でした。
でもこの入門書のおかげで"とっかかり"が出来、また読んでみようという気になりました。
おすすめです。



穢土荘厳〈上〉 (文春文庫)

穢土荘厳〈下〉 (文春文庫)

一昔まえの人には有名なそうですね。吉川英治のお弟子さん、才媛杉本苑子。
タイトルから江戸時代を連想しそうになりますが、長屋王の変を起点とした奈良時代のお話です。
大仏建立にあたって酷使される人夫の有様を生々しく描く筆力なぞは脱帽。
………
 たたら踏みの男奴が心臓麻痺で殪(たお)れる分には、補給はいくらでもつくし、じたい人間の形をした機械としか見ていない以上、介護の必要すら役人たちは認めていなかったが、たとえ数で計る傭夫や徭役民でも、奴隷階層でない場合は治療してやるのが建前だった。
「なにッ、丸太の下敷きになったと? 鈍なやつ……。百姓出の役夫どもは世話ばかりかけおる」
 文句を言いながらも、一応は、
「手当てさせろ」
 命じなければならない。
………

『天平の甍』では満足できなくなった方にはぜひおすすめ!

あとは…


日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)
(2011/11/22)
山岸 凉子

商品詳細を見る


古代ものではこれも挙げておかないといけませんね。



P.S.
おなか壊して寝込んでいます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuukaikenchiku.blog117.fc2.com/tb.php/218-39711bc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。