FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.17 愛技術
 ハサンです。

 突然なんですが、北朝鮮の報道や演説って、非常にユニークな文体じゃないですか。あの修辞過多な文体は妙に馴染みがあるなあと前々から僕は思っていたんですが、昨日(日付的には一昨日)金日成生誕の日(因みに僕もです)に平壌で開かれた軍事パレードでの金正恩氏の演説で解りました。ラブクラフトでした…。
(例)
・社会主義強国の威容をとどろかせるという偉大な金正日同志の崇高な意志
・狂ったアラブ人アブドゥル・アルハザードの恐るべき禁断の書ネクロノミコン

 さて、このような仰々しい修辞過多のスタイル、音楽で例えるとどんなものかと考えると、やはりメタルでしょうね。
 そういえば、モービッド・エンジェルという世界で最も偉大なデスメタルバンド(これは僕が勝手に言っているわけではなく、いや僕もそう思いますが、ごく一般に認められていることです、一般がどこかはさておき)のリーダーの名前が、ずばりトレイ・アザトースでした。

 こう考えていくと、このスタイルはとても男臭いマッチョなものだと思ってしまいます。しかし、大袈裟な形容詞をふんだんに持ち込むという手法自体は、別に女性向けのものであっても可能なのではないか(好まれるかはともかく)?
 どなたか適当な例を御存じでしたら、御教授願います。僕は思い付きません…。

 お話変わって、流れでクトゥルーについて検索してみたところ、最近ある筋ではナイアルラトホテップをニャル子と呼び愛でているとか。日本のオタクの貪欲な探究心には、全く頭が上がりません…。

 まとまりの無い文章になりましたが、御容赦を。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yuukaikenchiku.blog117.fc2.com/tb.php/215-7a8b9124
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。