上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.21 電気の芸術
さいたまスーパーアリーナにて開催されたメタルの祭典、ラウドパーク2014に一日目だけですが参加してきました(二年ぶり二回目)。最高でした。
やはり人類はエレクトリック・ギターを生み出すために電気を発見したのだという確信を深めました。
いいメタルはアンプを悦ばせ、人間の内側にある少年の魂を喜ばせるのですね。



↑いいメタルの例


ライブはそれぞれ甲乙付け難いクオリティでしたが、私の中では早い出演順にもかかわらずMarty Friedmanがもっとも印象的でした。名手大村孝佳(メイクと髪型のチョイスが大変すばらしい)とのツインギターで、月並みな表現ですが悪魔がスペインの高速道路で楽しそうに競争しているような…爽快なギターバトルを堪能しました。
好みで言うならDownが好みではあるのですが、少人数編成から破壊的な爆音で圧倒するRAGE(3人)とLOUDNESS(4人)の演奏は、大会場ならではの現実離れした音響環境も相俟って、希有な体験でした。Arch Enemyは中学校のころ初期の作品(特にBlack Earth)をコピーしていた身としてはもう少し古い曲もやってほしいと感じましたが、それはともかく、新ヴォーカルのアリッサ・ホワイト=グラズの実力は本物で、これから場数を踏んでステージ支配力を強めていくのが楽しみです。

それにしてもネオサイタマ、じゃない、さいたま新都心は遠い…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。