上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.19 ネックのお話
神田です。


融解建築、無事「出れんの!?サマソニ!?」1次審査を好成績で通過できました!!^^

改めて投票して頂いた皆様本当にありがとうございました^^

次は3次のライブ審査に残れるよう待つのみですがいい結果を祈って頂けると幸いです!!



さて梅雨ですね。ベースのネックが湿気で反り倒してなんともめんどくさい時期ですが今日はベースのネックについて少々。


ギターやベースの「ネック」(弦が張られている棒の部分)は中にトラスロッドという金属の棒が通っておりこいつの働きによって弦を張った時ネックが真っ直ぐになるように逆方向へ力がかけられています。


そして保管の方法(壁に立てかけたり)によって直接力がかかる事でも起こりますが、そうでなくとも気温や湿度の影響によってネックは反ります。


弦の張力がかかっている方向に反る事を「順反り」逆を「逆反り」と呼んでいます。


この時期は木が湿気を吸って膨張するため(多分)逆反り気味になる事が多く冬場の乾燥状態では順反り気味になりがちです。


まあ木なので環境によって頻繁に状態が変わるのでその度に楽器屋さんに行くのも手間なので僕は自分で調整しています。


前述したトラスロッドは大抵の場合ヘッド側かボディ側に六角レンチを差し込む箇所があり、そこを回す事によって調整できるように作られています。


ただ厄介なタイプはネックを外さないといけないやつです。。

そもそもネックの状態は演奏するチューニングの状態に弦が張られていてやっとわかるので外して調整して付け直して弦を張ってみたら微妙。。なんて事がありますし何よりネックを毎回外すのは素人仕事では怖いです。。w


なので僕はこの手の楽器は最初からできるだけ買わないようにしていますw


とまあオチも何も無いですがネックの仕組みの話でしたー。逆反ってるんで今から直しますw

ではまた♪
スポンサーサイト
2013.06.12 うた
こんにちは、奈美です。

こないだの続きは、一旦おいといて。

融解建築はいわゆるボーカルの無いインストバンドです。
でも私はボーカルのような立ち位置にいるので、フルートで歌と対等の表現力と存在感を出せたら、そこにさらに楽器特有のフレキシブルさがプラスされ、ボーカルを越えられるんじゃないかと信じています。

よく、歌と伴奏楽器(ピアノでも、オケでも)の演奏のとき、歌手が歌い終わってバックが後奏に入ったとき、拍手が起こることがあります。オペラなんかでも、アリアを歌いきったとき、まだオケが演奏してても拍手が入ったりします。
ところがこれが楽器+楽器、例えばフルートとピアノ、バイオリンとピアノとかの場合、途中で拍手が入ることは少なく、ちゃんと曲が終わるタイミングで拍手が起きることが多いように思います。

が、つい先日あったちょっとした本番で、フルートが吹き終わってピアノの後奏に入ったとき拍手をもらいましたヽ(´▽`)/
嬉しかったです。歌のように聞いててくれたのかなぁと思って。

声を越えて歌になって、更には音楽に、昇華したいなぁと思います。
2013.06.06 出れんの!?
6月2日は陰陽へ御来場頂いた皆様、そして宇宙コンビニの皆様、ありがとうございました。
久しぶりのライブということで改めて新鮮な気持ちで挑んだライブは、宇宙コンビニさんが楽しみにしていた以上の素晴らしいステージングを見せてくれたこともあり、有意義なものになったと思います。(もちろん、その後、具体的な反省が待っていますが)

宇宙コンビニの三人は本当にこの先どこまで伸びていくのか…要チェックです。
宇宙コンビニHPはこちら

さて、MCでも申し上げましたがわれわれ融解建築は現在、SNSを介してサマーソニック出場権を賭けた投票を行う「出れんの!?サマソニ!?」に参加しております。投票期間は本日6/6から6/16までです。
出れんの!?サマソニ!?Web投票開催中!
↑こちらから投票サイトへ飛びます。

久しぶりに野外での融解建築を見たい!という方は是非とも清き一票をお願い申し上げます!

すこしややこしいですが、Twitter / Facebook / Google+のアカウントでログインした状態で投票することにより人数をカウントしておりまして、それぞれのアカウントごとに1日1人1票ずつ投票権が設定されています。つまり、これら3種類のSNSのアカウントを全てお持ちのかたはなんと毎日3票ずつ、締切の16日までの11日間で33票も投票できることになります!

投票時には規約をよくお読みの上、「投票規約に同意する」チェックボックスへのチェックを忘れないよう御注意下さい。

どなたにご投票頂いたかはSNS上で確認できますので、ささやかながらお礼ができないか、現在メンバー間で協議中です。(音源など)


悲願のアルバム制作に一歩近づくためにも、ご迷惑かとは存じますが、どうぞご協力をお願い申し上げます…!


--------

と、ここまでを書いてから現在までの2時間半のあいだに名古屋でGuillermo Rizzottoのライブを観ていました。
リズムがどう、とか音色がどう、とか、いちいち論うのも煩雑に思われるような、無限の快楽でした。



ああ、気持ちよかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。