上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.25 綿棒に蟻
 ハサンです。

 いきなりですが、一昨日22(水)の晩、東京はCotton Clubに、Ari Hoenig Trioを観に行ってきました。結論から言うと、大変素晴らしかったです。
 アリは、CDを聴く限りは、正確無比のリズム感と端正なテクニックで魅せるタイプのドラマーだと思ってたんですが、実際に観たら結構違ってました。勿論リズム感もテクニックも無茶苦茶凄いのは前提としてあるのですが、何が出て来るか判らないビックリ箱みたいな人でして。初めてドラムを触った子供のように楽しそう(動きもそんな感じで色々唐突なので面白い)で、こちらもニコニコしながら観てましたよ。友人のマッツ君(Opheliaのドラマー)曰く「昨今ではピカイチの顔ドラマー」。初期にはタムでメロを叩く(肘や手を押し付けてピッチをコントロールする)色ものプレイがクローズアップされていて、勿論今回もやってましたが、まあCDでも普通にやってるし(ただしビジュアルが無いとおかしみも半減)、色ものというよりもはや芸の幅って感じですね。
 また、アリ以上に観たかった Tigran Hamasyan(というか京都にもアリ自身は来るのですが、ピアノがティグランではない)も、実に良いプレイをしてました。個性的なピアニストや上手いピアニストってのは結構いますが、上手さと個性の両方があれほど高いレベルでアウフヘーベンしてるピアニストは他にはいないと思います。
 そして、会場のコットンクラブも、とても気に入りました。行きやすく、観やすく、内装も瀟洒で、音も機材も素晴らしい(ピアノはスタインウェイのフルコンでしたからね)。ブルーノートやビルボードとかよりあらゆる面において遥かに好きです。しかも、早く着いたので暇潰しを兼ねて並んで自由席の整理番号4をゲット(予約の順番は無関係なのもグッド)したら、最前ど真ん中テーブル(高額なシート席やボックス席よりも、その半額程度の自由席のほうがステージに近い)、ピアノ(下手)からもドラム(上手)からも僅か3m程の絶好席をキープ、3人(真ん中にベース)それぞれの手元までつぶさに観察出来ました。
 唯一残念だったのは、ブルーノートやビルボードのように一晩2セット制なので、やはり物足りなかったことですね。それでも、2ndのほうを観たので、アンコール含め80分くらいはやりましたが、もっともっと観たかった!
 まあでも総じて満足です。東京行った甲斐がありました。一緒に行った友人(元々単に泊めて貰う予定だけだったのを強引に誘った)も、愉しんでくれたようで何より。

 ところで、先月末に下北沢で観た Massacre、そして川崎での Mauro Paganiと Areaも、大層良かったですよ! 旬も過ぎたし、また長くなりそうだし、詳しく書くのは控えますが…。

 では皆様、来週末6月2日(日)の陰陽、地元京都での、久しぶりのライブでお会いしましょう。人気上昇中の宇宙コンビニを迎え、たっぷり1時間ずつツーマンで演りますよ。融解建築史上最強(というか最狂)の激烈に難しい新曲も作ってしまい、現在泣きながら特訓しております。これ以降また暫くありませんので、どうぞお観逃し無く!
... 続きを読む
スポンサーサイト
2013.05.21 セッション
神田です♪


先日久々に知り合いがホストミュージシャンをやっているジャムセッションに参加してきました^^

ジャズとファンクがメインのセッションでしてご存知の方もいらっしゃるかもですが僕の苦手なジャズですよええ。。w


ホストのベーシストの方がウッドベースを持って来られていたのでアップライトを弾き始めてから初めてウッドベースで演奏させて頂きましたが生いいですね生w


是非そのうち導入したいものです^^


セッションは最終的にジャズブルースのベースソロでディストーションかまして楽しく終了しましたw


さあ、融解建築は6月2日の久々の京都でのライブへ向けて鋭意リハーサル中です!!

乞うご期待!!


では!!^^
2013.05.13 続き
奈美です。
私とフルートの続き♪

中学3年生、フルートしたい欲が高まった私は、今までのお年玉の貯金と足りない分を両親に助けてもらって、サンキョウのエチュードというモデルを買ってもらいました。
吹奏楽部の友達に教えてもらいながら、家でピーピープープー手探りで練習しました。

その時期に、母方のおばあちゃんが亡くなりました。おばあちゃんの形見は、パトリックガロワ氏の名曲集のCD。
クラシック好きだったおばあちゃんが、私がフルートを初めたと聞いて、聞く日を楽しみに買ったCDだったのです。
正直、そのときはキレイだなという印象しかうけず、本当にガロワ氏の演奏に衝撃を受けたのは大学に入ってから聴いたCPEバッハのCDなのですが、いま思うとこの頃から擦り込みは始まってたのかもしれません。

高校2年生の終わりごろ、初めてフルートを習いにいくことにしました。
ちゃんと習い初めたことで突然気が大きくなった私はいきなり「音大行きたい」に飛躍しました。
家族びっくり。

その頃まだ楽譜もカタカナふってもらわないと読めなかった私がなんとか下から2番目の成績(※後日、先生談)で滑り込み合格したのはピアノの先生のご尽力や、高校の先生、両親達の協力があったからこそですが

ここまで書いて気づいたけどこれ全部書こうと思ったら相当長くなりますので、とりあえず今回は2回にわたって書いたフルート始めたきっかけ編でした。
その後のことはまた気が向いたか書こうかと思います(^-^)/ではまた

2013.05.12 出会い
こんにちは、奈美です。

5月ですね。私は今月で○○歳になります・・・(;´Д`)

フルートと出会ってからは、かれこれ14年の月日が経ちます。
今日は、そんなフルートとの出会いを書いてみようかと思います。

小さい頃私は絵描きさんに憧れていて、買ってもらった絵の具セットをもってせっせと写生に出かけるような子でした。中学生になったら美術部に入ってもっと本格的に上手になろうと夢を膨らませていたのですが、美術部に入ってみるとアニメ&漫画好きが多くスケッチブックを開けば瞳キラキラの女の子がいっぱい。。(そうでない人もいたと思うけど大部分がそのように見えた)
そんな環境がなんとなく肌に合わず部を変わることにしました。席の空いている部はソフトボール部と、吹奏楽部でした。
ソフトボール部は自分のこと「僕」とか言っちゃう女子になりそうだし吹奏楽部にしました。

初めて吹奏楽部にいったときのことは今でも覚えています。
全員でロングトーンをしていて、私はバスドラをメトロノームに合わせて四分音符を叩くだけでした。
ところがそれが、超絶楽しかったのです!
みんなの音に自分の音が加わってひとつになっている感覚に感動して、楽しくて楽しくて仕方なかったのです。
それから私は打楽器に夢中になりました。

音楽も、それまで全く知らなかったので少しでもたくさんの曲を知ろうと、夜はラジオでクラシックチャンネルを毎日聞き続けました。
そんなある日、ラジオで流れた曲に一瞬で心奪われてすぐにテープの録音ボタンを押しました。
それがベルリオーズのオラトリオ、キリストの幼時でした。
フルート2本とハープで演奏される夢のように美しい世界が大好きでテープが擦りきれるほど何度も聴きました。

吹奏楽部のフルートの先輩が美人だったこともあり、私は次第にフルートに惹かれるようになっていったのです。

というわけでおねむになってきたので、次回へ続く。
まずは告知を。

6月2日 @京都 陰陽(ネガポジ)
act/ 宇宙コンビニ、融解建築
open/ 18:00
start/ 19:00

気鋭の若手バンド、宇宙コンビニさんとのツーマンをほぼ一年ぶりの陰陽にて行うこととなりました。
京都では2月のパリミキ以来なのでけっこう間が空いてしまって、ごめんなさい。
宇宙コンビニさんにはじつは以前お誘いを頂いていたのに出られず、今回改めてツーマンイベントを組むことができて嬉しく思っています。
長尺でたっぷりと曲を聞かせるライブになると思います。乞うご期待。


さて、ドラマーの近況報告ですが、4月の記事で「ヒントを得」たと書いた件で色々と変化を感じております。
複合的な事柄なのでうまく言えませんが、敢えてまとめるとすれば「末梢から体幹への引き戻し」とでも言いましょうか。
長いこと意識はしていたがうまく体に落とし込めずにいた概念が、ようやくそこへ至る道の一端を開いたといった感じがします。
まだまだ精進が必要ですが、現時点での整理を付ける形でライブに挑めたらと思います。

本日の多次元盤:
Meshell Ndegeocello "Weather"



何を今更という感もありますが。
全身の毛穴から入ってくるような音楽でありながら、緻密な計算に耳を傾けはじめると大脳までも擽ってくるような仕事。
単線的な言語ではうつしとれないもの。
2013.05.05 掘り出し物
 ご無沙汰です。タンバです。
 先日、タワーレコードにCDを買いに行ったのですが、1000円ワゴンにMichael JacksonのThrellerが置いてあったので、そういやマイコーのCDは1枚も持ってなかったなと思い、せっかくなので買ってみました。
 映像では何度も観た曲も、音楽だけでちゃんと聴く機会は殆んどなかったのですが、いや、やっぱマイコーすごいっすよマイコー。今更何言ってんだと自分でも思いますが。どの曲も飛ばす気にならない。フレーズの一つ一つもいちいち気が利いてる。何枚かCDを買ったのですが、なんかこればっか聴いてる気がします。名盤だとは知っていたが、聴いたらやっぱり名盤だった。なにこのトートロジー。

 偶然見つけて何となく買ったCDが"当たり"だった時の喜びは、ネットで注文するのではなく実際に店で買わないと得られないように思います。最近は実際にCD屋に行くことが少なくなってきたのですが、これに味を占めてまたちょくちょく足を延ばしてみようと思います。

 とか言った矢先にamazonのリンク貼るのもどうかと思いますが、一応置いときますね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。