上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.25 Pessoa
 ハサンです。

 つい先日、フェルナンド・ペソア『不穏の書、断章』が平凡社ライブラリーから新編として刊行されまして、以前の思潮社版が大幅に改訂増補され、しかも価格もぐっと安くなっており、早速購入した次第です。
 御存じない方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に説明しておきますと、フェルナンド・(アントニオ・ノゲイラ・)ペソアは、20世紀初頭のポルトガルの詩人。その最大の特徴は、ペソア本人名義以外にも複数の「異名」によって執筆し、それぞれの「異名者」にそれぞれ異なる人格と書法を創造し与えたことでしょう。そして、この『不穏の書、断章』は、ベルナルド・ソアレス名義による『不穏の書』という散文作品(の一部)と、ペソアの様々な異名者の作品から訳者の澤田直氏により抽出された断章とで成るものです。

 これらを箴言集として読むことは、ペソア本来の意図するところではないのでしょうが、それでも実に示唆に富んだ言葉が並んでいます。
 とりわけ僕が共鳴し考えさせられたのは、アルヴァロ・デ・カンポス名義の


霊感(インスピレーション)を受けた詩人という神話から脱却しなければならない。


というもの。
 詩作に限らず、とかく創造行為というものは、その過程が必ずしも論理的とは限らず、また体系的に理解可能なものでもないので、「天賦の」才や能力のせいにされ、それ以上の追究を免れがちです。しかし「霊感」の背後には必ず、(特定の、あるいはあらゆるものからの)影響と、研鑽と、鍛練とがあるはずであり、それを忘れてはならないと思います(というのが僕の個人的な解釈です)。
 また、僕は日頃から「アーティスト」という言葉が嫌いなのですが、何となれば「芸術」(少なくともデュシャン以降の)とは単なる概念に過ぎず、とどのつまり「言ったもん勝ち」以外の何でもないからです(別にデュシャン自体が嫌いなわけではないですが)。常に僕は「アーティスト」ではなく「ミュージシャン」「音楽家」でありたいと思っていますし、そのためには常に、再びペソア(アルベルト・カエイロ名義)の言葉を借りると


本質的なことは見ることを学ぶことだ
考えずに見ることを
見ているときに見ることを学ぶことだ
見ているときに考えたり
考えているときに見たりしないで


ということを、肝に銘じておきたいと思います(難しいですけどね…)。

 融解建築も、霊感による芸術ではなく、単に「聴かせる」「踊らせる」音楽を目指しておりますよ!
スポンサーサイト
2013.01.11 挨拶など
神田です!


年末年始ムードも終わり2013年もスタートしましたが皆様いかがお過ごしでしょう?


僕は正月もそこそこにバタバタ日常を過ごしておりましたが今年は去年よりも色々面白い事ができそうなんで楽しみにしています♪

まだ融解建築は告知できる演奏予定がありませんが暫しお待ちを!


主催イベントも昨年始まり更なる飛躍の年にしていく所存です!


本年も融解建築をよろしくお願い致します!!^^
新年あけましておめでとうございます。

いやはや、この年末年始の情報量が多すぎて若干の混乱のうちにおるのですが、ほとんどは個人的な話なのでブログのネタにはならず、残念です。とりあえず隙間の時間はずっとフェリシテ・トスを聴いておりました。

先日は久しぶりに高槻のファンクセッションに顔を出したのですが、やはり皆さんレベルが高く、勉強になりました。
そんな中、とても若く素晴らしいドラマーと出会いました。
まるでジョン・ブラックウェルのような骨太さ。彼は遠からずシーンで頭角を顕すのではないかと感じました。
人柄もとにかく謙虚で、後生畏るべし、改めて精進しないとな、と強く思った次第。

融解建築は、今年も飛躍の年としていきたい所存です。
どうぞ今後ともご贔屓にお願い申し上げます。
2013.01.04 謹賀新年
明けましておめでとうございます!

奈美です♪
皆様お正月はゆっくりと過ごされましたでしょうか?

融解建築は2013年、更に進化して良いものを作り上げたいと気合い充分なわけですが、なんでか今年のライブがまだ一本も決まっておりません!!
本当にうっかりしていました!すみません…(´Д`)

現在じわじわと計画中ではありますので、また決まり次第お知らせ致します。

そんなわけで相変わらずこんなペースの私達ですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します(・ω・`)ゞ

皆様のご多幸と健康をお祈り申し上げます(*^^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。