上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.31 BPF
 ハサンです。

 僕は割と、自宅での食事時にDVD等の映像作品を観ることが多いんですが、特に多いのがモンティ・パイソン関連のものです。本当に数え切れないくらい、繰り返し繰り返し観ています。
 そんなわけで最近また、何度目かで『Live at the Hollywood Bowl』を観たわけですよ。で、まあ勿論何度観ても最高なわけで、観たこと無い人は是非観るべきなんですが、それはさておき、舞台でニール・イネスが“How Sweet to Be an Idiot”という歌を弾き語るシーンがあります。御存じの方も多いかもしれませんが、(特に日本では)有名な Oasis“Whatever”の元ネタですね。メロディーやコードだけではなく歌詞の乗せ方までそっくりで、裁判(?)の結果オアシスの曲にもノエル・ギャラガーと共にニール・イネスの名がクレジットされています。
 僕は全くオアシスに思い入れが無い(というかむしろ流行ってた頃は嫌いだった)ので、そういや昔揉めてたなあという感じで何となく Wikipediaを覗いてみたところ、以下のような記載が。

――イネスはオアシスを首尾よく訴え、共同クレジットへの記載と印税を得た。

 ん? 何か違和感ありません? 本来ノエルがパクったのが悪いはずなのに、まるで「ニールが狡猾にもオアシスの物を奪った」と言わんばかりの書き方。
 いやあ、もうムーブメントが終わって久しいというのに、ブリットポップ原理主義者(Britpop fundamentalist)は未だにあちこちにいますからねえ、特に日本には。僕も迂闊なこと言ったらまずいかなあ、怖い怖い。
 そういや今年のFUJIで、険悪で有名なノエルとリアムのギャラガー兄弟が揃い踏みしそうですが、信者も大騒ぎですね、こりゃ。
 ま、僕は観ませんけど。
スポンサーサイト
2012.05.25 一段落
神田です♪



融解建築の大阪と京都でのレコ発も終わり一段落です^^


ご来場頂いた皆様改めてありがとうございました!!
対バンも面白いバンドさんばかりで本当に楽しくやれました^^


個人的な話ですがもう一つの所属バンドTHBもこの1週間で2本ライブがあり久々に本番が詰まって演奏だらけの充実した1週間でした♪

やはりライブっていいですねーw


さて今後もライブ予定が着々と決まりつつあるので乞うご期待!!


今後ともよろしくお願い致します!!^^

では!!
2012.05.19 近日ライブ
奈美です!
明日!!!と来週!!
ライブです、新曲やります!新譜うります!新スネア登場します!

ぜひぜひぜひぜひお越しくださいませ(^〇^)どっちもトリだよー

5/20(日)@南堀江ネイブ
カーテンコール/Susie Q /融解建築
Open18:00 Start 18:30
前売り2000当日2500円

5/24(木)@RAG
Lattice /綴/融解建築
Open18:00 Start 19:00
前売り1500円 当日1800円

若くしてオリジナリティと才能溢れる良いバンドばかり集まりました♪
来て損はありません!

よろしくお願いします(*≧∀≦*)
2012.05.19 ニュー・ギア
canopus_sano

新しいスネアです。
間に合いました。
愛します。
2012.05.15 バンドと車
 今日(正確には昨日)も大阪で小学生の女の子が亡くなる交通事故がありました。多くの方が被害に遭われた事故が京都で続き、高速でツアーバスの事故が発生するなど、最近は交通事故のニュースばかり見ているような気がします。

 ライブなどの活動で車をつかうバンドも多いかと思います。遠方でのライブやツアーのために長距離を走るので、知人やそのまた知人のバンドが事故で怪我をされたり、亡くなったという話も聞いたことがあります。
 編成や機材によっては車が不可欠になるので、ミュージシャンにとっては安全に対する意識も重要であると、最近になって改めて感じました(もちろん誰にとっても重要ではあるんですが)。
 融解建築もまた車を使うことが多いですが、幸いにも未だ事故もなく過ごせております。これからの活動においても、交通事故の被害者/加害者にらないよう気を付けたいと思います。

 事故で亡くなった方のご冥福と、お怪我を負われた方の一日も早いご回復をお祈りいたします。
2012.05.12 大弁如訥
 ハサンです。

 昨夜RAGで、Carlos Aguirre&Quique Sinesiのデュオ・コンサートを観て来ました。二人とも大好きな音楽家であり、数ヶ月前に来日を知った時からずっとこの日が待ち遠しかったんですが、特にキケ・シネシは初来日ということでとても楽しみにしていました。その期待に違わず、というより期待を遥かに上回り、素晴らしかった…! 五月にして今年のベストライブ筆頭候補ですね。
 カルロス・アギーレは新作アルバムを発表したばかりなので、それがメインのツアーなのかと思っていましたが、別にそういうわけでもなく、過去作からも結構演っていましたし、そもそもアギーレの曲とシネシの曲が半々くらい(僕が判る範囲では)でした。二人それぞれに数曲の独奏があったのも嬉しかった。
 ライブでは、スタジオ・アルバムのレイドバックした雰囲気はあまり色濃くなく、程好い緊張感を湛えたアドリブやインタープレイも多く、むしろパッションほとばしるジャズといった趣。とはいえ決してテクニックのひけらかしに走ることなく(彼らは本当に上手いんですが!)歌心溢れる演奏、楽曲の持つ瞑想的で暖かな空気はしっかり保たれていて、まさに大弁は訥なるが如し。
 僕はといえば、早くから並んだ甲斐あって下手のアギーレの手元も上手のシネシの手元もばっちり見える好席をキープし満を持して開演、ライブ冒頭の小品から続けて演奏された2曲目、シネシのペンによる“Seras verdad ?”のイントロが流れた瞬間、早くも目頭が熱くなり全身の毛が逆立ち、そのまま終演まで全身全霊を音楽に傾けていました。他の客も皆とても集中して(同時にリラックスして!)いて、終演時にアギーレが「注意深く聴いてくれてありがとう」と謝辞を述べたほど。今回に限ったことではなく割といつも感じるんですが、日本のラテン音楽ファンの聴衆レベルは高いですねえ。
 演奏楽器は、アギーレはピアノをメインに、時々ギター、一曲はアコーディオンも披露。シネシのほうは、7弦ガットギターをメインに、時々6弦スチールギターやピッコロギターに持ち替え、前述の独奏では一曲チャランゴも。考えたら僕、生チャランゴを聴くの初めてでした。
 どの曲も素晴らしく、2時間はあっという間に過ぎていったんですが、強いてハイライトを挙げるとすれば、惜しくも一昨年亡くなったウルグアイの偉大な音楽家 Beto Satragniを偲んだ曲『ベトに捧ぐ』でしょうか。彼のトレードマークであるカンドンベのリズムをフィーチャーし、哀しくも躍動的な楽曲と演奏でした。
 終演後はサイン会もありましたが、感動を胸に一刻も早く飲みに行きたかったため(笑)、迷った揚句見送り。で、近所の友人達を呼び出して、今日のライブがいかに素晴らしかったか、口角泡を飛ばしながら(麦酒の)飲んだくれていました。迷惑な話です。

 さて、そのRAGで、再来週24日(木)には、融解建築ライブもあります。新しい音源も完成し、更なる新曲もお披露目する予定、御期待ください!
2012.05.04 京都観光
ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?
奈美です。

私は今日まで3日間大学時代の後輩が福島から、遊びにきていたので観光三昧でした。
住んでると滅多にいかない&しないことズクシで、けっこうおもしろかったです!

まず後輩ちゃんが、来る前から絶対したい!といっていたのが、着物レンタル。
清水坂のお店で着せてもらって、清水寺→二年坂とおってねねの道(途中お茶屋さんでだんご)→高台寺→円徳院→都字利でパフェ
丁度季節にあった藤の着物☆


ここの着付けはとっても安いし、髪もセットしてくれるから、地元のひともお茶会やお花のときよくこられるそうです。 私もなにかお呼ばれのとき利用しようと思いました!

2日目は銀閣寺、下鴨、北野天満宮、平安神宮とまわって私お気に入りの生チョコ屋さんにいって、後輩ちゃんは嵐山にいきたがってたけど雨ザーザーなので予定変更で町にでてお土産のお買い物

nikiniki って新しい八ツ橋屋さんは、てんとう虫やバラやハート型の色鮮やかなデコレーション八ツ橋!!
味もおいしいし、色んな餡と皮の味がカスタムで選べたりします
nikiniki.jpg
20111026163702.jpg
MG_02531.jpg
これ全部八ツ橋!!

最終日は家の近くのよーじやカフェ銀閣寺店
ゴールデンウィークだから人いっぱいで、入るまでに沢山まちました
でもお庭がきれいで待ち時間もあっという間でした

DSC_0117.jpg

定番
DSC_0120.jpg

あとは京都駅でおばんざい屋さんでランチしました


あ、全然バンドと関係なかったw
2012.05.01 近況
定期的なレコーディングで心身ともに自らを痛めつけるライフハックは中々堪えますね。
結果に表れているといいのですが。

はい。

以下、最近のおすすめだよ。


虫けら様虫けら様
(2002/05)
秋山 亜由子

商品詳細を見る


ガロは人材豊富ですねえ。
よみはじめは杉浦日向子の亜流かなあと失礼なこと考えてましたけどなかなかどうして独自の世界を展開しています。
と、とにかく、かわいい!
小さきものの世界にこまやか(細やか/濃まやか)な愛情が注がれ、繊細微妙の伽藍を形成しています。
おすすめです。



マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)
(1997/05/20)
山之内 靖

商品詳細を見る



このブログの読者層がまったく読めないので、どういったものを紹介するか、もはやランダムの領域に入っています。
こちら、ヴェーバー入門。
社会学の泰斗マックス・ヴェーバーの著書はその筋の学生にとって「必読書」と長年言われているが、余りに晦渋な文体に死屍累々、僕も早々に退散した軟弱者の一人でした。
でもこの入門書のおかげで"とっかかり"が出来、また読んでみようという気になりました。
おすすめです。



穢土荘厳〈上〉 (文春文庫)

穢土荘厳〈下〉 (文春文庫)

一昔まえの人には有名なそうですね。吉川英治のお弟子さん、才媛杉本苑子。
タイトルから江戸時代を連想しそうになりますが、長屋王の変を起点とした奈良時代のお話です。
大仏建立にあたって酷使される人夫の有様を生々しく描く筆力なぞは脱帽。
………
 たたら踏みの男奴が心臓麻痺で殪(たお)れる分には、補給はいくらでもつくし、じたい人間の形をした機械としか見ていない以上、介護の必要すら役人たちは認めていなかったが、たとえ数で計る傭夫や徭役民でも、奴隷階層でない場合は治療してやるのが建前だった。
「なにッ、丸太の下敷きになったと? 鈍なやつ……。百姓出の役夫どもは世話ばかりかけおる」
 文句を言いながらも、一応は、
「手当てさせろ」
 命じなければならない。
………

『天平の甍』では満足できなくなった方にはぜひおすすめ!

あとは…


日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)
(2011/11/22)
山岸 凉子

商品詳細を見る


古代ものではこれも挙げておかないといけませんね。



P.S.
おなか壊して寝込んでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。