上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.30 LIVE in KNAVE
ご無沙汰です。P90といえばギブソンのピックアップより先にFN社のPDWを連想するギタリスト、タンバです。

6月28日、大阪のKNAVEにてライブを行いました。

2011_0628knave yuukai1

個人的には、演奏は粗かったものの最近では一番テンションの高い状態で演り切れたように思います。
久々にピックを落としたり、滝のように汗をかいて目に入って慌てたり、細かいハプニングに見舞われたステージでした。



今回、たくさんの写真を頂いたうちの一枚を掲載させていただきました。銀海豚さん、ありがとうございました!


さて、次回のライブは7月4日、京都のLIVE SPOT RAGにてお待ちしております。乞うご期待!
スポンサーサイト
2011.06.25 今日も京響
 ハサンです。例によって京響の定期演奏会を観てきたのですが。

 いやあ、今日は良かったですねえ! 元々の指揮はアレクサンドル・ラザレフの予定だったのですが、急な腰の手術でパヴェル・コーガンに変わりまして、まあ僕はコーガンのほうが観たいくらいだったので全く問題は無いです。
 今年はリスト・イヤーということで、1曲目は交響詩プロメテウス。楽器の鳴りが気持ち良く、ダイナミックな演奏だったんじゃないでしょうか。
 そして、同じくリストのピアノ協奏曲第2番。これが絶品でした! ソリストのマルクス・グローは、最近世界中で絶賛されている、売り出し中のドイツの若手。見た目は細くて背がヒョロっと高くて男前で猫背で、ポストロックとか演ってそうなんですが(笑)、テクニックも確か、タッチもペダリングも実に細やかで、これからも要チェックですな。また、コーガンの指揮も絶妙。えてしてコンツェルトは、オケがソロを邪魔してしまったり、逆にソロを立てようとするあまりアガるところでアゲきれなかったりしがちですが、さすが名手、音量もリズムもピッタリ。まあ勿論これは、我が我がと突っ走らないグローのピアニズムもあるとは思いますが。
 このコンツェルトが如何に良かったかというのは、この後休憩というタイミングで普段なら拍手もそこそこに席を立つ人がそこそこいるんですが、それが殆どいなかったことに顕れていると思います。で、鳴りやまぬカーテンコールに応え、彼は2回もアンコールを披露したのですが、1回目のシューベルト(リスト編曲の鱒)も、2回目のハイドン(ソナタ変イ長調からメヌエット第1・2:多分)も、非常に繊細かつ華麗に弾ききってまた割れんばかりの拍手。2回目のアンコールの後、ピアノの蓋をパタッと閉め「もうやらないよ」とばかりにニコッと笑い、ようやく客が静まった次第です。
 休憩後は、チャイコフスキーの交響曲第4番という大曲。ロシア人コーガンの本領発揮と身構えましたが、ねっとりロマンティックに攻めるかと思いきや意外なほど端正な演奏。いや、良い意味で。欲を言えば、弦は歌ってるのに木管がちょっとあっさり風味なのが食い足りなかったかな。まあでも、良い演奏だったと思います。余談ですが、先述のコーガン、後半のチャイコフスキーを何と客席に座って聴いていて(普通出演したソリストが客席に現れることはまず無いんですが)、この人は本当に音楽が好きなんだな、と思いました。

 その後、余韻を楽しみつつ飲み歩いて、今の時間です(笑) まあまだ飲んでますが。

 来週は大阪、再来週は京都と、我々融解建築もライブが控えていますが、良い音楽を提示出来るよう頑張りますので、宜しくお願いします!
2011.06.10 beatnyx
こんばんは♪奈美です。昨日は融解建築8時間練習でした!
でも8時間、あっという間でした。
今回の新曲、ほんとーーーーーーーーに難しいのです・・・(;´Д`)
初めて、ドラムの秋田くんが考えたフレーズをもとに高橋さんがつくった曲で、もうmidiの時点でかっこよすぎてテンションあがったのですが、演奏するにはメンバー全員めちゃめちゃ負荷が高いのです。
昨日のスタジオでは、丹波さんの左腕の筋肉が悲鳴をあげ一時再起不能になったり、ずーーっと循環呼吸し続ける私のぜーぜー息切れがとまらず、あの強靭な高橋さんの指にもついに乳酸がたまり、、、
さぁみなさん、どんな曲なのか気になってきたでしょ?

この曲をクリアすればバンドとしてひとつ成長できる気さえします。


そして練習のあとはみんなで、おばあちゃん家のような居酒屋、丸二食堂 でたっらふく食べて、飲みました☆

それから何故かテンションの上がった私達は夜のドライブへ(笑)
鞍馬神社に登り、貴船を散策して、ずーっとあほな話をしておりました。

よく練習し、よく食べよく飲み、よく遊びました♪

ということで今日から私はこの新曲のややこしいフレーズ達をひたすら暗譜していきます!

2011.06.03 グレイトよ!
 バラケ・シソコ&ヴァンサン・セガールを観たよ! めちゃ良かったよ!

 東京公演はこれからだから、行ける人は行ったほうが良いよ!

 コラもチェロも、ある意味制限の多い楽器だけど、だからこそ自由度の高い、面白いことが出来るのかもなあ、と思ったよ! 学んだよ!

 良い音楽の後は乾杯だよ! 携帯だしこの辺にしとくよ! 情報少ないが、分からないことは調べてくれよ!

 あばよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。