上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.26 AFB
 ハサンです。今日、京都市交響楽団の定期演奏会に行きました。

 僕はクラシックが好きで、京響の定演も都合が付けば行っているのですが、毎回気になる(京響に限らず)のがフライングブラボーです。コンサートの魅力には、当然ホールの響きを愉しむことも重要な要素だと思うのですが、楽曲が終わるか終わらないかのうちに拍手と「ブラボー」の声。何なんですかね、あれ。
 考え得る理由は大きく2つ。

①楽曲の終わりに素早く反応することで「俺は曲の構成をバッチリ把握してるぜ」と通ぶって悦に入りたい

②広くて響きの豊かな空間で真っ先に(静かなうちに)大声を出したい

 ①はもう、半可通という言葉がぴったりですね。余韻を愉しんでこそ音楽への深い理解と感動が得られるということに全く気付かない、かわいそうな頭と耳の持ち主なんでしょう。
 ②はまあ、気持ちは解らなくもないですが、音楽を愉しむ場でやることではないですね。自分のせいで音楽を壊してしまう勿体無さに全く気付かない、かわいそうな頭と耳の持ち主なんでしょう。

 まあでも京都はマシなほうで、うんざりするくらい酷い所(フライングブラボーをしでかす奴は概ね常習犯)もちょこちょこあります。何処とは言いませんが。文化水準が窺えますな。
 また、最悪なことに、そういう輩に限って、ライブ・レコーディングが行われるコンサートとかだと一層張り切ったりする始末。周りの人間に聞かせて「これ俺の声」と触れ回るのでしょうか。レイプした揚句に武勇伝として自慢するくらい阿呆ですね。

 せめてもの良心として、僕はフライングブラボー犯(特定しかねる場合はその方向)を睨みつけるように心掛けております。残念ながら、残念な頭の持ち主にはなかなか理解されないようですが。
 皆さんも、コンサートでフライングブラボーに遭った際は、是非そいつらを白眼視しましょう。AFB(Anti Flying-start-Bravo)を合言葉に。

 ではまた。
スポンサーサイト
2011.03.24 ANTI ONTI
こんばんは
突然ですが、私は音痴です

それも笑えない感じの音痴
派手に音をはずすんじゃなくて各音はあってるんだけど、その音程がそれぞれ微妙に高かったり低かったりで、なんとなーくきもちわるい

これが、フルートにもそのままきてるのです困ったことに

フルートはとっても原始的な楽器なので、キーこそあるものの音程はほとんど奏者がつくります
よって音痴な私が吹くフルートはピッチが悪い

ずっとこの事実に気づかぬふりして、チューナーを押入れの奥底に隠してたんですが(こらっ)
ついにこのままじゃあかんと思い、きょうはずーーっとチューナーと格闘してましたっ

楽器の性質は低音域は低くなって、高音域が高くなるんですが、私の場合、耳までがそうなってしまってて、高音域でチューナーに合う音を出すと低いような気がしてしまう。重症。

何回もピアノでEを出してフルートでE出して、ピアノ、フルート、ピアノ・・ってやって
で、しばらくして、自分だけでE吹いたとき、チューナーみたら真ん中にばっちり合って

やったーーーー

って

レベル低い!!

やばい・・なんでいままでほっといたんだろう・・
この格闘は先が長そう

4月にレコーディングするCDではピッチの良いフルートを皆様に聴いてもらえるようがんばります



ところで全然関係ないけど、天城越えの2番に小夜時雨ってでてくることに気づきました
石川さゆり
2011.03.19 LPP
今日は一日チャペルの日
仕事そのものは良いのですが、おっさん化が進む私は、空き時間に女子的話題にのれないのが悩み

「昨日のMステみた?」←家にテレビないのでわかんない
「あの人○○(芸能人)に似てない?」←芸能人関連全般うとい
「履くだけでやせる靴下あるんだって~」←ダイエットする気ないのでリアクション薄
「最近彼氏がこーこーで~」←浮いた話がなくて話題提供できない

相手にも気をつかわせるし、だんだん申し訳なくなってきて、なんか気疲れした。。


こんな日の夜はっ
LPP(リトルピザパーティー)だぜっ

リトルピザパーティーとは、、、
スーパーに売ってるオーブンで焼くタイプのおっきーいピザを買って、焼きたてを丸々一人で食べるっ
冷えたビールがお供
ちなみにLPPは近所の宅配ピザ屋の名前

ぷっはーーーーー

ピザうまっ
ビールうまっ

で好きなCD聴いてテンションあげるっ


割とすぐ元気になるなみでした
 ハサンです。

 昨夜スーパーに買い物に行ったところ、水の大型ペットボトルが完全に棚から消えてました(何故か納豆も品切れ。何故?)。勿論メーカーが被災地に優先して出荷しているため品薄になるという状況もあるでしょうが、それ以上に買い溜め行為が多発しているであろうことは想像に難くありません。
 危機管理意識が高まること自体は悪いことではありませんが、今この時点での買い溜めはまさに泥縄的行為。のみならず、被災地以外での買い占めによって、本当に必要としている被災地に物資が届かなくなる可能性すらあります。
 僕らが暮らす京都は歯痒いほどに安穏で、目立った被害はありません。このせめてもの幸いの中、被災地の支援のために我々が出来ることの第一歩は、ほんの少し想像力を使って、自分さえ良ければという「我が我が」行為を自粛することではないでしょうか。
 それとともに、泥縄とはいえそれなりに高まった危機管理意識を、「喉元過ぎて熱さを忘れる」事無く、しっかりと保ち続けたいものです。寺田寅彦先生曰く、「天災は忘れられたる頃来る」。何と言っても今回買い溜めに奔走している人は、阪神淡路大震災という「熱さ」を忘れていた人でしょうからね。
2011.03.14 混沌
日常と非日常が混じり混ざってて、落ち着かない気分です
きっといま日本中がそうなっているけど・・

こんな状況で、嘘のチェーンメールを流す人とかってどういう気持ちでしてるんだろう???
とりあえずチェーンメールはもらっても送っちゃだめです!!!


今日は栃木の友達に頼まれて電池を買いにいったのですが、どこにいっても単1と懐中電灯が売り切れ
そこで実家に電話して買いにいってもらいました
なんとかまだ少しあったさすが田舎!!
あとは、まーじゃん家の大家さんがストックしてた分を分けてもらって、送りました

福島の子はガソリンがなくて困ってるとゆってるけど、さすがにガソリン送れないしなー。。

自衛隊の友達は、まだまだ時間がかかるけど今は耐えるしかない がんばろうってゆってました

なんか、みんな渦中にいるんだなぁと思いました
京都はすごーーく平和なので、なんだか不思議な気分になります

だけど日常と非日常は紙一重だし、いつなんどき入れかわるかもしれないので
楽器だけは常に持ち歩いておこうと思います


2011.03.13 遣る瀬無い
 祈ることしか出来ませんが、少しでも多くの人、家、土地に、生き延びてほしいものです。特に原発は、関係者の方々の奮闘に敬意を払いつつ、最小限の被害に留まってくれるよう願わずにはいられません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。