上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.22 冬の朝の夢
 ハサンです。昨日は観に来てくれた方々、どうもありがとうございました! 融解建築として初めての大阪でのライブでしたが、自分達の感触としては落ち着いて気分良く演奏出来たと思います。まあ、まだ録音を聴いていないので、聴いた後にもこんな澄ました物言いが出来るかどうかは不明ですが。
 ただ、やはり30分は短いですねえ。我々の楽曲は長めなので昨夜は4曲しか出来ず、特に最近は1時間くらいのステージが多かったこともあり、演り足りず拍子抜けでした(お客さんも聴き足りなかったかどうかはさておき)。
 何はともあれ、今後も宜しくお願いします。

 さて、またまたバトンをスルーして申し訳無いのですが、今朝観た夢がバカバカしくも面白かったので、それについて記しておきます。因みに、普通夢には「見る」と書くと思いますが、まあ僕の夢は結構「観る」って感じなので。劇場型?

設定は学生時代。僕はとある講義(ゼミかも)を受講している。
その講義を取っているのは僕一人で、つまり教官(何故か矢野顕子)とマンツーマン。
この日は試験で、僕は答案用紙を埋めるべく懸命なのだが、空気を読まない友人がやって来て、延々と一方的に僕に向かって相談(内容は忘れたがとにかくどうでもいいこと)を持ち掛ける。
最初は「後にして」と頼んだり生返事で流したりしていた僕も、遂に怒り心頭に発し、口汚く罵りながら追い返す。
だが時既に遅く、無情にも試験時間終了。
涙ながらに教官に謝りに行く。マンツーマンということもあり非常にフレンドリーな関係を築いていたようで、単に解けなかったことよりも「先生には折角熱心に教えて頂いたのに、成果を見せられず申し訳ありません」的な詫び方。
先程の窮状の一部始終を目の当たりにしていた矢野先生(じゃあ止めてくれればいいのに)、快く許してくれる。答案は持ち帰り、後日提出することになる。
ほっと安堵し、帰り支度を始める。主な荷物は、教官に貰ったお土産(段ボール箱いっぱいの様々な食品)。
そこへやって来た浅はかな後輩(さっきとは別人)が、矢野先生お手製の美味しそうな納豆を一瞥、表面の納豆菌のコロニーをカビだと思い込み、僕の制止も聞かずに除菌スプレーを噴射する。
怒り狂った僕は、一頻り鉄拳制裁を加えた後、再度の謝罪のためにそいつを連れて職員室(設定は大学なので行くとしたら個別の研究室のはずだが、むしろ中学や高校の職員室の感じ)に赴く。道すがらも怒りが収まらない僕は、そいつを小突きながら歩く。
しかし、ちょっと目を離した隙に件の後輩が通りすがりの人と談笑しているので、癇に障ってビンタをくれる。その途端、殴った相手が人違いであったことに気付く。
寛大にも笑って許してくれるが、恐縮して平謝りする。

 …というところで目が覚めました。
 これだけはっきりした夢を観るのは久しぶりだったので、なかなか楽しかったです。以前はしばしば、ハリウッディーなSF大作などを鑑賞したものですが(笑)
 なお、夢に登場した友人や後輩のことを実際は別に嫌っているわけではないと、念のため申し添えておきます。

 ではまた。
スポンサーサイト
2011.02.19 久しぶりに
 書きます。ハサンです。
 何やら秋田からバトンを渡されましたが、それについて書きだすと長くなるだろうし、今は時間が無い(夜にスタジオが入ってる)ので、とりあえず春の海は後回しで。

 今日の午後はずっとピアノの練習をしながらラグビーを観ているのですが、三洋電機vs東芝、良い試合でしたねー! まさか18点差をひっくり返すとは。これは4連覇なるやもしれませんな。
 それにしても、パナソニックに吸収合併された三洋電機、以降のチーム名はどうなるんでしょう? 個人的には、三洋電機の名前を残してほしいんですが。アメフトのパナソニック、ラグビーの三洋電機、って感じで。

 もう1試合の神戸製鋼vsサントリーが始まりました。これも好カード。試合と共にもう一練習して、スタジオに行こうと思います。

 ではまた。今度はもう少し更新頻度上げます…。
立春に合わせるつもりでしたが、少し遅れてホームページのCSSが入れ替わり、春の装いになりました。
この後季節ごとにデザインを切り替える予定です。

それにしても寒いですね。

寒波の厳しい冷気にめげず、これからもアウフヘーベンに励みたいと存じます。
尚、タイトルには伊藤紫虹先生の佳句をお借りしました。(句集『風籟』所収)

さて、春、そしてアウフヘーベン、といえば、あの有名曲が頭に浮かびますよね。
どうぞ、以下のリンクよりyoutubeでお楽しみ下さい。
(クリックで新規ウインドウが開きます。)

詳しくはキーボードのHassan師(a.k.a.ワクワク諸島)が記事を書いて下さります。
どうぞお楽しみに。

『春の海』 宮城道雄
"Haru no Umi (The Sea in Spring) is a music piece for koto and shakuhachi composed in 1929.
In Japan, it is often performed in the New Year's holidays.
Composer: Michio Miyagi
Violin (a part for Shakuhachi): Renee Chemet
Koto: Michio Miyagi
作曲: 宮城 道雄
ヴァイオリン: ルネ シュメー
箏: 宮城 道雄
2011.02.09 はいっ
新曲できましたっ

ゆるっとした息抜き的な曲になるはずが、まさかの超いかつい展開になりました
初めてベースラインも私がつくりましたっ
メンバーいわく「IQの低い曲」らしい・・・・・
うちIQテスト学年で一位とったことあるのに~


聴きたい方は21日ネイブに来てね
3月5日の都雅都雅でもいいよ

ところで最近私ばっかり記事書いてますが大丈夫ですか?
あだちブログになってないかしらん
2011.02.01 命がけ
家に帰る途中、屋台で豚まんとやきとりを買い食いそしてご飯が炊けるまでにかっぱえびせんを一袋、夕飯はご飯しっかりおかわり。。自分の食欲がおそろしい奈美です

29日のRAGのライブ、たくさんのお客さんが来てくれて嬉しかったですありがとうございます!!

NEWマイクでは初のライブ
スタンドでやってるような感覚で、特に静かなところがとっても演奏しやすくなった!
まだまだ位置など研究の余地あるものの、可能性が広がる予感がしてわくわくです

この日は私の行ってる喫茶店の常連のおっちゃんおばちゃん達がたくさん来てくれてたんですが、私的には今回初めてきてくれたおばちゃん(70オーバー)の

「すごいなぁ。あんた、命かけとるな、と思たわ」

という感想がなんか嬉しかったです

ほんとに私、命かかってるような演奏をしたいといつも思うのです(実際は雑念だらけ)
すごい人の演奏とか見ると、この人弾き終わったら死ぬんじゃないかなと思うくらい全身全霊の気迫を感じるし、やっぱりそれが音楽に対しても人に対しても誠実な気がする


さて、そんな感じでライブ後、おっちゃん達のいる近所の飲み屋に顔をだしにいくと、おなかがはちきそうなほど飲み食いさせてもらったうえ、「あんた今日はおつかれさんやし私のおごりや」と飲み屋のママさん ありがたやー

その後はバンドメンバーのサッカー観戦に合流
最初はまじめにライブの話してましたが、すぐにわやくちゃ(いつもどおり)に・・・

神田くんのツンデレ談義。丹波さんのリアルシモネタ・・・

集まってた家は私の家から徒歩30秒なんですが、笑
外寒いしでたくないし、だらだらしてたら午前4時ひぇーー
あやうく次の日遅刻しそうになりました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。