上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.30 2014年まとめ
2014年もあっという間に過ぎ去りました。
第二期融解建築元年の本年をざっと振り返ってみたいと思います。



1/25 Sat. @ 京都 木屋町 Live Spot RAG
『第三回多次元演奏会』
"3.Multi-Dimensionales Konzert" at Live Spot RAG, Kiyamachi, Kyoto
■メンバーチェンジ:第二期融解建築の出発点

■3月 アメリカ合衆国 インディアナ州ヴァルパレーゾのラジオ放送にて紹介

5/20 Tue. @ 京都 大宮 Blue Eyes
with: Clouds Generator
4th demo "il filo dell'orizzonte"およびライブDVD『融解建築 第3回多次元演奏会〜3.Multi-Dimensionales Konzert〜』発売

6/8 Sun. @ 静岡 浜松 Zoot Horn Rollo
with: I.FU.E.C.

6/27 Fri. @ 大阪 南堀江 knave
with: 山崎千裕+ROUTE14band / Nomson Goodfield / eldaja / 大山まき

8/26 Tue. @ 東京 沼袋 SANCTUARY
with : 烏頭(uzu)

8/27 Wed. @ 愛知 名古屋 Piacere 融解建築ワンマンイベント

9/27Sat. @ 京都 木屋町 Live Spot RAG
Djamraツアー x チェコ Už Jsme Doma来日公演
with: Djamra, 日比谷カタン, Už Jsme Doma (from Czech)
■初のカバー楽曲を演奏(エルヴィン・シュルホフ『フルートとヴィオラとコントラバスのためのコンチェルト第二楽­章(フュリアント)』※映像のリンク)

10/12 Sun. @ 京都 二条 GROWLY
fox capture plan "WALL" Release Tour in 京都
with : fox capture plan, Arbus, キツネの嫁入り, LOW-PASS





新しい編成での活動には多分に不安もありましたが、皆様のおかげでなんとか一年目を走り抜けることが出来ました。誠にありがとうございました。

新年、2015年も年明け早々に素晴らしいイベントにお呼び頂いております。
新鮮な気持ちで挑みますので、どうぞ御期待ください。



2015 1/16 Fri. @ 京都 木屋町 LIVE-SPOT RAG
赤木りえ "Café con Leche"発売記念ツアー
Live Spot RAG, Kiyamachi, Kyoto


2015 1/18 Sun. @ 京都 大宮 Blue Eyes
『Bundles〜Saturation〜』
with : Les Animaux, Hemlen
Blue Eyes, Ohmiya, Kyoto





ドラマー個人の話になりますが、2013年5月の記事で触れたテーマ「末梢から体幹への引き戻し」について、時間がかかりましたが徐々に形になってきたように感じます。いくつかの方法論も副産物として得られたので、実りある一年だったと言えます。
2015年はこれを定着させ、基礎からふたたび応用に還元してゆくことを目標にしたいと思います。
少し気が早いですが、新年もよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
2014.12.03 巡礼
昨晩のMark Guiliana観戦を以て、"Gently Disturbed"を完成させた奇跡の三人を巡礼し終えました。
gentledisturbedtrio.jpg

上から時計回りに
Shai Maestro Trio "Shai Maestro" (2013.3)
Avishai Cohen "Almah" (2014.1)
Mark Guiliana "Beat Music" (2014.12)
です。
取り急ぎ…。


2014.10.21 電気の芸術
さいたまスーパーアリーナにて開催されたメタルの祭典、ラウドパーク2014に一日目だけですが参加してきました(二年ぶり二回目)。最高でした。
やはり人類はエレクトリック・ギターを生み出すために電気を発見したのだという確信を深めました。
いいメタルはアンプを悦ばせ、人間の内側にある少年の魂を喜ばせるのですね。



↑いいメタルの例


ライブはそれぞれ甲乙付け難いクオリティでしたが、私の中では早い出演順にもかかわらずMarty Friedmanがもっとも印象的でした。名手大村孝佳(メイクと髪型のチョイスが大変すばらしい)とのツインギターで、月並みな表現ですが悪魔がスペインの高速道路で楽しそうに競争しているような…爽快なギターバトルを堪能しました。
好みで言うならDownが好みではあるのですが、少人数編成から破壊的な爆音で圧倒するRAGE(3人)とLOUDNESS(4人)の演奏は、大会場ならではの現実離れした音響環境も相俟って、希有な体験でした。Arch Enemyは中学校のころ初期の作品(特にBlack Earth)をコピーしていた身としてはもう少し古い曲もやってほしいと感じましたが、それはともかく、新ヴォーカルのアリッサ・ホワイト=グラズの実力は本物で、これから場数を踏んでステージ支配力を強めていくのが楽しみです。

それにしてもネオサイタマ、じゃない、さいたま新都心は遠い…。
2014.09.25 リマインダ
たまにはこういう使い方も。
このブログを今読んでいるそこのあなた!
今週末土曜日は京都は三条木屋町 LIVE SPOT RAGへ是非とも御来場いただきたく、今一度お願い申し上げる次第です。

Uz jsme doma from チェコ / Djamra / 日比谷カタン / 融解建築
2014.9.27.Sat. at LIVE SPOT RAG (京都,木屋町)
OPEN 17:30 START 18:00 (御注意!)
前売 ¥2800 当日 ¥3300
w/ Djamra,
日比谷カタン,
Už jsme doma (from チェコ共和国)

後悔させません。
是非、この貴重なイベントを御覧になってください。
2014.08.31 anabasis
8/26(火)沼袋SANCTUARY、8/27(水)名古屋Piacereには平日にも関わらず沢山の方々にお越し頂き、ありがとうございました。
第二期融解建築としてはじめて東京まで遠征しましたが、なかなか波瀾万丈の行程でした…。
とりあえず環八に対する恐怖心がむくむくと成長しました。

さて、今回は新曲"Morpho theseus"がお披露目となりました。この曲に寄せて少し述べたいと思います。

タイトルに含まれる「theseus(テセウス)」を引っ張ってくる契機となったのは「テセウスの船」への連想でした。
「テセウスの船」とは、プルータルコスによる伝記(Plut. Thesei, 23.1.)に記された挿話で、テセウスの帰還後も保存されたガレー船は朽ちた木材が少しずつ交換されていったが、果たして補修され保存された「その船」はテセウスが乗って生還したところの「その船」と同一のものであるか、しばしば哲学的議論の的となった、というものです。

偶然この"Ship of Theseus"なるフレーズが意識に上ったのはDoug Dorst x J.J. Abrams による『S.』が目に入ったからでした。これは"V. M. Straka"という架空の作家が著したという設定の、まさに"Ship of Theseus"と題される書物が、図書館の蔵書という設定で蔵書票や借りた人物らの書き込みとともに生々しくパッケージングされているという、奇妙な作品。メタフィクションの好きな人なら垂涎ものの凝りようで、原理的に翻訳や電子化が限りなく不可能に近い挑戦的なものです。そもそもこの作品について説明することがまずもって難しい。

ちなみにこんな感じです。



第二期を迎えた融解建築の現状がまだまだ形の定まりきらない変化のただ中にあり、「これがそれである」と明言してしまえるようなものでないとすれば、それこそこの変化を象徴するような「テセウスの船」と関連づけたタイトルを第二期融解建築初の作品に付けられたら面白いと思い、提案した結果、(中略)ということで"Morpho theseus"となりました。
※(中略)の部分には、この曲名の本来の由来である"butterfly effect"の如きプロセスを各自想像して補完して頂きたく。

変化と前進を模索する融解建築がこの先どちらへ向かうのか、本人たちにもはっきりとはわかりませんが、今後も丹念に一曲一曲仕上げていく基本方針は変えずに進んでゆく所存です。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。